「半額シール」まだですか?

プロの貧王が1日1日を必死で生きる

“日本の諸悪の根源”とは?

 

 Twitterのトレンドに表示された「日本の諸悪の根源」

それは低すぎる最低賃金とする東洋経済の記事からきている。

 

f:id:nnbnn:20180302144013p:plain

購買力調整済み最低賃金が世界のどの国よりも、いやあの韓国よりも低いという衝撃的な数字を表しているのである。

この低さによりデフレが改善されず、日本経済における諸悪の根源であると指摘した。

少子化が進み日本すべての産業がいずれ衰退の一途をたどる、その要因が企業自体が招いた賃金の低さというのである。

そもそも、安倍総理も再三企業に対し3%の賃上げをお願いしている。

しかしだ、自民党は2017年だけで23億もの企業献金を受け取り、財界人などを招く政治資金パーティーでは多額の個人献金受け取っている状態では、どうしても経営者側の都合のいい政治がおこなわれる。例えそれが日本という国が少子化と人口減少で国の存続自体が危うくなったとしても自民党はそれを変えようとはしないだろう。

金融緩和策によりお金を市場に大量に流し込む政策をとっているにもかかわらず、企業は過去最高の内部留保をしているだけで労働者には還元しないその姿勢はもはや日本の諸悪の根源といわれても仕方がない。

 

 

この記事は労働者層や庶民層にかなり反響を呼んでいる。

その証拠に「はてなブックマーク」では雇用者や政治家に対し不満や怒りが渦巻いている。というよりも諦めの境地でいるのかもしれない。

f:id:nnbnn:20180302174814p:plain

 

消費税増税し、食品や生活必需品は便乗値上げをする。政府も物価上昇率2%だけを目標にしたものの一部の大企業のみ、それに見合った賃上げをし、その他多くの労働者層は実質賃金が下がっているのが現実である。

前々からブラック企業のサビ残や、ワンオペ問題、過労自殺など大きく報道されその都度不満がネットに書き込まれてはいるものの、政府も行政も何もしようとせずほったらかしの状況。

 

給料と手取り

考えてみれば、給料をもらう時には所得税が引かれ住民税が引かれ、年金を含め多くの社会保障費が引かれ、使う時は消費税を引かれ酒税やガソリン税を払う実際に使えるお金はかなり低い。

また、社会の一律制度も追い込みをかける。例えば年収1千万円以上でも年収100万円以下でもNHK受信料は皆一緒、消費税も一緒、自動車税も同じ、町内会費も…。

そして、金持ちといわれる富裕層は贅沢な車も外食や海外旅行も家賃や電気代さえも交際費や経費と計上して所得税を払わずに日常にかかる必要な費用面でもその恩恵を受けている。

方や貧乏人はローンで金利を払う。住宅ローン1~3%、自動車ローン5~10%、日常品さえもカードローンリボ払い15%を払う。借りることが常識化している。

金持ちは不動産や株の配当などで収入を得るが、貧乏人にはローンという金利を払う。

年収1000万円以上もらう者の1万円札と年収100万円以下の1万円札には重たさが全く変わるにもかかわらず、金持ちはより金持ちになり、貧乏人はより貧乏人になってゆく。

 

日本の諸悪の根源

教育

一億総活躍社会実現とばかり働き方改革を提唱する安倍総理なのだが、単純に最低自給を750円から1000円に変えたとかベースアップ3%だとかいうレベルの話で終始するような話ではなく、お金についての教育が必要なのである。

ギャンブルで身を落とす映画カイジでも地下強制労働施設で食費・施設利用料の名目で9割天引きされ10分の1のペリカが渡される。劣悪な環境で体を壊し働けなくなった者たちが薬代も払えず死を待つのみ。

アフリカ諸国が貧困に仰ぐ背景もそれと同じ構造になっている。

彼らの根本的要因はやはり教育とその質にある。

諸悪の原因その①はお金に対する教育をしていないことなのだ。

 

その②仕組を変える力がないこと。

カイジの地下強制労働施設でどんなにどんなに節約しようとも9割搾取されている時点で這い上がることなど不可能に近い。働いている者たちが一機団結して断固たる労働改善や搾取されていることへの抗議を徹底して行い時にはストをして強い怒りと行動力を示さなければ改善されないばかりかますます搾取は形を変えて拡大してゆく。

 

 その③生命への軽視していること。

この国の若者の死因第1位は自殺である。人は簡単に「死ね」というギャグなのか?怒りなのか?

カイジに出てくる鉄骨渡りでも賭けをし落ちた者をあざけり笑う富裕層のシーンが映し出される。人の命は金よりも軽いという名言もあるように、その狂った感覚がまかり通っている。

そのいい例が電通の過労死事件で電通に対し「罰金50万円」という罰則を言い渡した。

まさか人の命がたったの50万だった瞬間である、この国の司法制度は国連の発言いわく「中世レベル」と言われるほど異常だったのだがこれほど低いとは思ってもいなかった。逆に言えば50万の罰金さえ払えば過労死させ放題なのである。

 

その④有能かつ庶民意識を備えた指導者不足と仕組。

日本の政治家は世襲制度かと思うほど2世3世が政治家になってゆく。今の安倍総理も麻生副総理も世襲政治家である。小泉進次郎を含め多くの政治家がその地盤や看板、カバンを引き継ぎ有利に選挙に楽勝する。

評価されるのは優れた政策や能力、人間性ではなく、金があり知名度があり、選挙に熟知したものだけが当選するその仕組みにある。いや、比例代表制で名簿上位ならそれすら必要がない。

そんな者たちに庶民感覚などあるわけもなく、SPを従え送り迎え付きの車で会合という名の料亭通いをする。それもこれも国民の税金であり政治家自身の懐など1円たりとも痛むことはない。そんな者たちが労働者層や庶民の為の政治などするだろうか?

政治献金をしてくれる企業や、政治家資金パーティーで呼ばれる財界人や団体の為だけに政治を行うことになる。

まさに異常な仕組みである。

 

日本に一番必要なこと

今日本でやらなきゃいけないことは教育しかない。それも「人生の教育」である。

一人一人が自立し搾取されないようにする教育である。何のために税金を払いどこに消えてゆくのか?

この資本主義社会では働いてもらうことだけを考えて教えてゆく。受験勉強のための教育であり一流企業や公務員になるためだけの教育しかしない。

集団行動ができない者や決まった提出物を出さない者、ちょっと変わった考えの者は「社会のクズ」「死ね」と学校という世界でいじめさせ自殺に追い込んでゆく。個人一人一人よりも秩序を優先してゆく。

それぞれの幸せやより良い人生の為にどうするべきなのか?深く探求させることもせず、社会の仕組みやお金の流れを教えることなく、働かせることだけを教えて卒業させ後は自己責任で放置する。

社会問題の中には未だにオレオレ詐欺や架空請求詐欺が横行しているのも、お金に対して何の疑いもなく払っている税金や赤い羽根募金やNHK料金、働く時間に対してのサビ残みたいなルーズさの延長が簡単に引っかかる土壌を作っていると思うのである。

 

 世界幸福度ランキング2017

ちなみに昨年の世界幸福度ランキングは日本は51位(ハフィントンポスト)

世界第3位の国内総生産(GDP)に対して先進国で最下位の幸福度である。日本は働けど幸せなならない国となった。

上位はノルウェー、デンマーク、アイスランド、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンと続く。これら上位の国は一人一人の投資に意欲的な国だと紹介している。投資により金利をもらい働かなくてもお金が働いてくれる国々が幸せを感じる国なのである。

貯金をし住宅の頭金とローンを組んで3千万の家を建てて幸せを感じる日本、方や働いた中から100万円の投資をして1年後に3万円のお金を手にする方を選ぶ欧州諸国といった感じだろうか。

 

2016年にNHKクローズアップ現代で奨学金破産の特集がよみがえる。夢や希望で奨学金を借り保育士になったものの月給はわずか14万そこから奨学金5万円を返済は相当きついのは言うまでもない。

高い授業料を払い保育士資格を取っても給料が14万ではやってはいけない。

いや、日本の給料体系は総支給額と手取りでは全く変わるということを働いてから知る。それは借金をさせた後に知るのである。若者の〇〇離れというけれど実際はお金が無くて買えないのである。

必要な生活さえままならない給料であるにもかかわらず、貯金や投資といった一歩踏み込んだ余裕などないのが日本なのであり当然幸せなど感じるわけがない。

 

スポンサーリンク