「半額シール」まだですか?

プロの貧王が1日1日を必死で生きる

【バイク生活⑥】捨てる決断

人は捨てられない生き物

買うということは、その先に処分や捨てる日が来るということである。

しかし、買う時は捨てることなどみじんも考えない。必要に迫られ、欲望に駆られ突っ走る。新しく物を買えばその分使わないものが増えて行く。

増えたものは、いつか片付けよう。いつかヤフオクやメルカリで売ろうと考え先延ばしにしてゆく。

先延ばしにした結果、物は溢れゴミ屋敷化してゆく。

 

人は捨てられない生き物だ。まだ使える。何かに使えないだろうか。いつか使うかも。思い出が詰まっているから…と思いがこみ上げ処分にためらってしまい決断ができない。

 

物を処分するということは、物を買う以上にパワーと確固たる決断が必要になるのである。

 

マイルールを課せ!

物を買って、物が増えるのならば、買う都度に物を捨てるルールを課せばいい。

要するに「捨てるまで買うな」ということである。

これで少なくとも増えてゆくことはない。プラマイ0だ。これは物が溢れかえっている人にも使える手だ、一つ物を買ったら十個捨てるマイルールを課せばいい。買う都度物が減ってゆく。

やってみればわかるが、1つ捨てるだけでもすごい葛藤である。そのすごい葛藤に打ち勝ってこそ物を新しく受け入れる準備が整うことになる。買いたい思いが強ければ強いほど捨てる決断をすることになる。

逆に言えば捨てることができないのであれば買わない、思いはその程度なのだということである。

そして、めんどくさい、忙しいという言い訳などの先延ばし対策にもなる。

 

人は大事なことをたいがい先延ばしにする!

人は大事なことをたいがい先延ばしにする。そういう生き物だ。

めんどくさい、いやだな、寒い、眠い、疲れるその時の気分ですぐにやらない、やらなきゃいけないことと分かっていてもやりたくないのが人間なのである。

 

だからこそマイルールを数年単位で習慣化させることで、無理なく少しずつ物が減ってゆき取捨選択してきた結果が家全体を理路整然とした住みやすい環境に変貌してゆく。

物が少ないことで片付けやすく掃除がしやすい、掃除がしやすいことで誇りやカビが舞うようなことがなくなり体調や健康にも影響が出なくなる。

物を探すというストレスや、片づけなきゃというプレッシャーが無くなり頭の中もスッキリした状態になってゆく。

人はストレスで酒を飲んだり、タバコを吸ったり、ギャンブルをしたり買い物依存症になったり、現実逃避することで自分自身を追い込んでしまう。それがひいてはガンなどの病気の引きがねになったり多額の借金を背負ったりで人生を台無しにし後悔する。

後悔しても、もう時間を戻すことはできない。

きっかけは些細な先延ばしからである、夏休みの宿題を先延ばしにした結果、夏休みの最終日にどんな気持ちでいるか (いたか)思い浮かべたらわかるはずだ。

 

人は大事なことをたいがい先延ばしにする。そういう生き物なのだ。

 

総括

バイクという大きな買い物から、10年以上乗っていた自転車からの卒業を意味している。その自転車はまだまだ現役バリバリで走ることができバイクが動かなくなったら使えるかなという思いもあるが、過去の経験からその自転車はもう乗ることはない。

学生から社会人になり自転車から車に移行した時も、2度と自転車に乗ることはなかった、なのでマイルールで自転車の処分方法を検討している。

 

上記に書いてある、マイルールは10年以上前から自分自身が続けていることであり、家の中はもちろん家の外回りもスッキリし始めたところである。10年以上の経験から処分にはそれ相応のお金がかかること知り、なるべくお金がかからない処分方法もわかりだしてきた。手っ取り早いのはリサイクルショップ。それで売れない物は燃えないゴミか無料で引き取ってくれる業者に依頼するという方法である。

 

今回の自転車は10年以上経っているので無料で引き取ってくれる業者にお願いすることを予定している。過去にはヤフオクで処分をしていたが相手とのやり取りや梱包や配送がめんどくさくて今はほとんどリサイクルショップが中心である。

 

今でも1つの物を処分することは大変だなぁーとつくづく思うのである。いや右から左に移動させるのも大変に感じるぐらいである。

 

本当に人間は物を捨てられない生き物だと思う。

だからこそ買う時のパワーを利用して捨てるきっかけと決断をさせるのである。

スポンサーリンク