読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロダアキヒロのそれヤバい‼

この社会に怒りを込めて!

地域はご老体ばかり半病人が支える社会。どうするべきか?

 ド田舎に住んでいるんですが、そういう地域だとほぼ60代は若い方で70代80代が多くなる。そうなると、平均寿命を迎えた80歳を超える癌になった人とか脳梗塞になった人とか半病人みたいな人がその地域の常会長だとかなるわけですよ。

 

 順番だから仕方ないのかもしれないですが、常会長になるとリサイクルの組み合わせを考えたりいろいろな手配をしたり何かと決めることが多いわけですが、やっぱし高齢ということもあって何回も間違えたり、不都合が出てきちゃってちょっとお気の毒になってくる。

 

 そもそも本来は行政の仕事なのに地域で順番だと言って責任押し付けてくるから問題になっている。戦時中の隣組制度といういやな習慣がいまだに根付いているわけです。

 

こういう制度の在り方自体はすでに限界に来ているとともに、そろそろ辞めなきゃいけない時期に来ているじゃないかと思うんですよね。

 

もう行政も気がついているとは思うけれども地域全体が高齢者施設の中いるような仕組みに変えてゆかないとならない。老い先短いご老体が杖や車椅子で移動しながら地域の活動をしなきゃならない。痴呆の問題もかなり深刻ですよ。そんな人たちに働かせるのは人間として間違っているわけです。

 

 先進国である欧米は自治会なんてものはないし自治会費なんていうのも存在していないし、学校の清掃を生徒がやっているなんて聞いてアメリカ人が驚いているぐらいですからね。

 

公園の清掃やリサイクルの管理も税金で雇ってやってもらえばいいんです、その分雇用が生まれるわけですから、お金が欲しい60歳定年を迎えても働きたい人がいるわけですから、そういう人にどんどん働いてもらえばいいんです。

自治会費を辞めて、その分税金として徴収しそのお金を雇用に回せばいいんです。

 

この国はそろそろ、発展途上国からちゃんとした資本主義社会にならないといけないって感じるんですよ。

 

毎日新聞が「消滅可能性」896自治体と言う衝撃的なニュースです。

消滅可能性:全896自治体一覧 - 毎日新聞

地域破綻じゃないですよ消滅ですよ!女性20歳~39歳の統計を調べで30年間での予想です。

水道料金の地域によって異常に高いのも老朽化した水道管の交換と地域の人口比率で高くならざる負えなくなる。

当然、そんな地域は生活するだけでも生活費がばかにならない、クルマがなければ買い物もままならない、さりとて働く場所もない。そんな場所に住んでいたら人生詰むわけです。みんな逃げますよね、地域に残るのはほぼお金がない高齢者ですよ。

 

こんな状態を野放しにしておいて人道的にどうなんですかね?

姨捨山のように捨てるんですかね政府や行政は…

スポンサーリンク