クロダアキヒロのそれヤバい‼

この社会に怒りを込めて!

はてなブログのカスタマイズ「パンくず・あわせて読みたい」導入編

はてなブログでのデザインには特にこだわりはない。

ただ読みやすければいい!

その分記事を書くことに集中したい。

しかし、多くの、はてなブログを見るにつけ最低限なカスタマイズはしたいと思いメモを兼ねて記したい。

 

パンくずリストとは?

 初心者の方の為に、「パンくずリストとは」ブログ・サイトの訪問者が、「今サイトのどこにいるのか?」ということを視覚的に認識してもらう地図のようなものです。

http://www.interest-blog.com/entry/seo-breadcrumblist

 なるほど

ということで早速これを見て導入することに

 TOP>Google>ウェブマスターツールの順に階層が分かれていますよね。その記事(ページ)にたどり着くまでにTOPページからどこを通って来て、今どこにいるのかという事が一目で分かりますよね。

この仕組みをパンくずリストと言います。

http://www.interest-blog.com/entry/seo-breadcrumblist

 なるほどなるほど

じゃぁ教えてくださいましな!その設置

ということで「コピペ及び設置」下記のURLへ。

www.interest-blog.com

というわけで入れてみた結果…

f:id:nnbnn:20150905083814p:plain

んっ!?子カテゴリーになってないんですが…?どうなってるんでしょう?

ということで同じデザインに変更してみてから

f:id:nnbnn:20150905084535p:plain

ハイフンは全角から半角に変更したらできました!良かった~!

ありがとうございました。

 

上記の場合サイドバーのカテゴリー表示で「はてなブログ-カスタマイズ」まで表示されちゃうので

下記を参照にして変更へ。

はてなブログカスタマイズ公式コピペ設置方法まとめ - 太陽がまぶしかったから

カテゴリー表示がスッキリしました。

 

まとめ

カテゴリーってSEO的にわりと重要っぱいので、ちょっとめんどくさいけど入れてみました。記事が増えるごとにカテゴリー覧がごちゃごちゃ増えちゃうのがちょっとやりづらさもあるのですが、仕方ないですね。

 

合わせて読みたい

 一番導入したかったのが、記事下にある「あわせて読みたい」多くのブログを見て回った時に記事を読んで何かしら物足りなさを感じるのが下の部分。多くはGoogleの宣伝が貼られてるのでネットに慣れている人はすでに無の存在でしかないと思います。それを差し引くと何だか物足りないってことになるわけで、そこで自動で記事と関連づけてくれる「合わせて読みたい」は便利なんですよね。

 

wepli-dot2.hatenablog.com

 

↑ここを参考に導入。コピペです。考えることはありません。設定-記事下-にコードを貼り付けて終了です。

いや、こだわらないようにサクサク入れて終了です。その分、他のブログの記事に集中したいと思います。

 

 

【メモ】内部リンクとは?

 

この記事の一番上の、「悩む女性の画像」を例にします。

例:

 <img class="hatena-fotolife" title="悩む女性" src="http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/so888/20150109/20150109120144.jpg" alt="悩む女性の画像" width="392" />

 

上記の赤文字ように、HTMLのtitleとaltを設定します。

【seo】初心者でも分かる「内部リンク」! - interest blog

 あっちこっち情報を探していると、ためになりそうな記事にぶつかるときがあるので、メモ書きとして…

画像を投入するときは参考にします。

 

 

 

雑記

 これでカスタマイズは終了!はてなブログをやっているうちに、いろいろ追加したいことが見つかったら記します。

 最近、はてなブログを見て回ることが多いんですが、記事の上や記事の中心あたりにGoogleアドセンスの広告入れるのはちょっとやめた方がいいと思いますよ、読み手にとってはストレスにしかならないですし、いきなり覗いて興味ありそうな記事を読もうとしたらまず広告でしょ、もうみんなGoogleさんの広告は見飽きてるはずなんですよ、それに個人のサイトに来る前にすでに大手のサイトで散々同じような広告を見せつけられてますからね、意味ないし、一行も読まずにどこか行っちゃう可能性もありますよ。

Google広告貼るなら記事を読み終わってさてどこ行こうかって所に、貼れば読み手にとってはストレスないと思うし広告効果もあるはずなんです。

 

スポンサーリンク