「半額シール」まだですか?

プロの貧王が1日1日を必死で生きる

現実は厳しくないですか?

世の中厳しいことだらけ思い通りにならないことだらけです。
水道が凍結しただけで普段の生活がまともに送れなくなる。
毎年1~2回は凍って心構えや準備もそれなりにできているんですが、予期できない支障があちらこちらに出てくる。

雪かきに、まともに歩けない滑る道路、風邪にインフルエンザ。
かさむ灯油代に高い野菜。生活環境も懐環境も寒くて厳しい、いや地獄の中を彷徨っているかのごとくです。

そして思うのです。
「いつかは引っ越ししないとと…」

物は必ず壊れる時が来る。例えば電気温水器かれこれ15年以上使っているわけですが、これが凍結でお湯が出ないと頭によぎるのが買え変え、そこでググるわけですがエコキュート本体と工事費用で40万円~60万円。
水道管も古いしサビも出ているので全取り替え、寒冷地なので凍結防止帯など余裕をみて見積もっても7~80万は必要になる。とてもじゃないけど無理。というより家が古すぎてあちこち直さなきゃ家自体持たない。やりだしたらお金がいくらあっても足りない。

そこで解決策の候補が引っ越しなのだが、経済的事情や家庭の事情で引っ越せない。
悩ましい現状に現実の厳しさがヒシヒシと心にのしかかってくる。

例えば、トイレットペーパーが少ないだけでとてつもない不安を覚えたり、無かった時の絶望感を味わった経験があるはずだ。もしそうなったときの不安感やストレスは相当なもの。

それと同じように将来必ず起こるだろう不安感の根源を取り除かなければならない。で、なければいざその時になったら絶望感でこの世の終わりになってしまう。

その対策として引っ越しを考えている。というわけ。
候補とすればやはり便利な場所であり、雪かきや凍結の心配がない温暖な場所と思を巡らしてはいるが現実化させるにはいくつかの課題をクリアーしなければ破滅してしまう。簡単には引っ越せない事情がある。

そして思うのだ!
現実って厳しい!と…

「半額シールはまだですか?」は
そんなリアルな世の中で必死で藻掻く姿を書く場所なのである。

プロフィール
id:nnbnn はてなブログPro
ブログ投稿数
59 記事
ブログ日数
51 日
継続期間
1 日
読者
5 人 setsuyakufufu plagmaticjam honey7n sougihikakumie
スポンサーリンク